3月 18th, 2014

加齢臭の原因は、皮脂腺の中にある脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで発生するノネナールという物質なのだそうです。

男女ともに40代近くになると増加する物質で、加齢臭が出やすくなるといいます。

女性の加齢臭の特徴は、女性ホルモンと関係しているということで、女性ホルモンの分泌が正常に行われると、酸化抑止効果によって、脂肪酸が酸化しにくく加齢臭は抑えられるのだということです。

加齢臭の対策法としては、原因物質ノネナールを抑えるために、抗酸化作用のある食べ物が効果的と言っています。

コンビニ弁当やジャンクフードは避け、和食中心の食事が理想なのだと。

また、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンEを含む食材を摂取するのがポイントだそうです。

そして、食べ物を気をつけた後は、さらにこまめに拭き取る作業も肝心ということです。

コメントは受け付けていません。
Posted in 生活 |